2012年06月26日

7月8月の探鳥会案内

☆日本野鳥の会広島県支部の探鳥会(自然観察会)は、会員以外の一般参加者も大歓迎!
IMGP0196_M.JPG

真夏もやっぱりバードウォッチングのベストシーズン。ぜひ一度ご参加ください。


◆◆7月◆◆
□07月01日(日) 八幡川探鳥会     9:30みずとりの浜公園東端ベンチ周辺

◆◆8月◆◆
□08月04日(土) 八幡川ねぐら川探鳥会 18:00みずとりの浜公園東端ベンチ周辺
                    ※駐車場使用不可!
□08月25日(土) 八幡川探鳥会      9:30みずとりの浜公園東端ベンチ周辺


◆◆9月◆◆
□09月02日(日) 松永湾探鳥会     9:00JR松永駅南口ロータリー集合
□09月08日(土) 八幡川探鳥会      9:30みずとりの浜公園東端ベンチ周辺
□09月23日(日) 新山探鳥会      9:00シャンテパルク新山集合
posted by エナガ at 13:05| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12.08.25 八幡川探鳥会

多分残暑も厳しい時期ですが、「野鳥観察」の世界には確実に秋が訪れています。
そうです。「秋のシギ・チドリシーズン」突入です。

暑さにまけず八幡川に集合し、干潟と埋立地に「秋」を探しましょう。

DSC08938-S.jpg
(2007年9月の風景)

9:30 佐伯区「みずとりの浜公園」にご集合ください。
担当者からの注意事項や、八幡川のお話を聞いた後、河口部〜干拓地フェンス内を
歩いて観察します。

■地図

全行程を歩くと約4000m。
日陰の全く無い干拓地での猛暑の行軍になる可能性もありますので、
帽子・飲料の備えは万全にお願いします。


今回の「メダマ」は、
@秋の渡りを始めたシギ・チドリ類の姿を探す
   工事の副作用で埋立地内の池に思わぬ浅瀬が出来上がっています。
   シギチの群れ成す風景が出現しているかもしれません。
A繁殖を終えた「オオヨシキリ」など越夏した葦原の鳥たちの動向
Bもしかすると、カモ類の第一弾が飛来しているかも?
   エクリプスの予習をしていきましょう。

12:00
日陰に逃げ込んでの「鳥合せ」(本日の確認種のおさらい)をして、
皆さんとの情報交換を行ってから、解散になります。

■当日の「潮」は、
 『小潮』  干潮が  08:52(広島港調べ)   
 珍しくシギチ観察にバッチリの塩加減です。(いやいや、潮ですが・・・)
posted by エナガ at 12:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12.08.04 八幡川ねぐら探鳥会

太田川、2年連続敗退をうけて、八幡川埋立地を新たな場所と選定し、
ツバメの塒(ねぐら)観察会を開催します。

夕闇があたりを覆うころ、数千のツバメたちが空を埋め尽くし、
無音の躍動を見せてくれます。是非ご参加ください。

■集合時間 18:00
■集合場所 八幡川河口 みずとりの浜公園 東端ベンチ周辺
■注意事項 公共交通機関でお越しください!
      いつも使う駐車場は、探鳥会開催中に閉鎖されてしまいます。ご注意!

■観察場所 埋め立て地・南端の芦原近くまで歩いて、
      その場で静かに観察しましょう。(徒歩、2km程度)
■解散時間 19:30予定 

■その他     
     ・トイレは公園内にあるだけです。開会前にご利用ください。
     ・夕刻の開催ではありますが暑い時期です。飲料をご準備ください。
     ・解散時にはかなり暗くなっています。足元にご注意ください。
      障害物のある歩道ですので、懐中電灯などあるとよいかもしれません。
posted by エナガ at 12:53| Comment(0) | 探鳥会案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12.07.01 八幡川探鳥会

DSC08241-T.jpg

7月は、たった一度の探鳥会。
梅雨の真っ只中でも、いつものように八幡川にお集まりください。
神は、足を運び時間を過ごす者のみに微笑まれます。

※集合時間の変更にお気を付けください!

■9:30 八幡川河口右岸、
    「みずとりの浜公園」東側のベンチ周辺が集合場所です。


■「河口部」「人工干潟」「干拓地内」を歩いて探鳥します。
  平坦な場所を歩きますが、総行程は約4kmです。

■猛暑と高湿度が予想されますので、準備を万端整えてご参加ください。
■「雨天決行」が八幡川の『掟』です。
 雨でも開催されますので、その場合は「暑さ」と「雨」の両方へのご対処を。

■見所
@残り少ない葦原の野鳥観察(ヨシゴイいるのか?)
A入道雲の下にカモメは本当に居るのか?
B工事の進行によって、野鳥達の暮らしぶりに変化はあるのか?

IMGP1038-T.jpg

※外部リンク
 ・・・・・環境比較の参考にはならないかもしれませんが

■2008年6月の探鳥会の様子
■2007年の探鳥会の様子
■2006年の探鳥会の様子
■2005年の探鳥会の記録
posted by エナガ at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする